共催講演会のお知らせ(東京・京都)

「ユダヤ啓蒙思想とメンデルスゾーン」
―シュムエル・ファイナー氏、ミヒァ・ゴットリープ氏講演会

「ユダヤ啓蒙思想とメンデルスゾーン」をテーマに、シュムエル・ファイナー氏(バルイラン大学教授、エルサレム・レオベック研究所所長)とミヒャ・ゴットリープ氏(ニューヨーク大学准教授)を招いて、下記の講演会を開催します。ファイナー氏はハスカラー研究で世界的に著名な学者であり、ゴットリープ氏はモーゼス・メンデルスゾーンや近代ユダヤ思想に関する中堅世代を代表する研究者です。皆さまのご来場をお待ちしております。

東京講演会
日時:2018年7月1日 13時30分~16時50分
会場:東京大学(本郷キャンパス) 文学部3番大教室(国際学術総合研究練)
※赤門の近くの建物になります。

ファイナー氏講演「ユダヤの伝統への挑戦 -18世紀ヨーロッパにおける楽しみ、文化変容、世俗化」Shmuel Feiner, Challenging Jewish Tradition: Pleasures, Acculturation and Secularization in 18th Century Europe
コメンテーター:向井直己(京都大学)

ゴットリープ氏講演「モーゼス・メンデルスゾーンの現代性 ―マイノリティにとっての教訓」
Michah Gottlieb, Moses Mendelssohn Today: Lessons for Minorities
コメンテーター:市川裕(東京大学)

司会:後藤正英(佐賀大学) 通訳:ギブソン松井佳子(神田外語大)

京都講演会
日時:2018年7月8日(日) 13時30分~16時50分
会場:同志社大学(烏丸キャンパス) 志高館1階SK118
※ 今出川キャンパスから今出川通沿いに少し北上したところにあります。

ゴットリープ氏講演「モーゼス・メンデルスゾーン ―神話、歴史、宗教的寛容を求めるユダヤ教徒の闘い」
Shmuel Feiner, Moses Mendelssohn: The Myth, the History, and the Jewish Battle for Religious Tolerance
コメンテーター:後藤正英(佐賀大学)

ゴットリープ氏講演
ドイツのユダヤ哲学が辿った二つの道:モーゼス・メンデルスゾーンとフランツ・ローゼンツヴァイク
Two Paths of German Jewish Philosophy: Moses Mendelssohn and Franz Rosenzweig
コメンテーター:細見和之(京都大学)

司会:小野文生(同志社大学) 通訳:ギブソン松井佳子(神田外語大)

使用言語は英語、講演原稿は日本語訳を配布、質疑応答は通訳が付きます。

連絡先:後藤正英(佐賀大学) gotomasa<アット>cc.saga-u.ac.jp

主催:科研費・基盤研究(C)「モデレート啓蒙主義の再考―メンデルスゾーンにおける啓蒙と宗教の両立可能性」(代表者:後藤正英)
共催(東京講演会);東京大学人文社会系研究科 市川裕研究室、日本ユダヤ学会
共催(京都講演会):京都ユダヤ思想学会

広告

Vladimir Levin氏講演会のお知らせ

Vladimir Levin氏講演会「東欧におけるシナゴーグ:建築を超えて」開催のお知らせ

Levin_lecture.png

このたび、エルサレム・ヘブライ大学ユダヤ芸術センターより、ヴラディーミル・レヴィン氏をお招きし、ロシア東欧地域におけるシナゴーグに関するご講演をいただきます。レヴィン氏は20世紀初頭のロシア帝国における、宗教勢力を含むユダヤ政治に関する研究で博士号(ヘブライ大学)を取得されており、当該地域の歴史的文脈の中で、ユダヤ教における物理的中心であるにもかかわらず、ほとんど研究がないシナゴーグに関してお話しいただきます。使用言語は英語ですが、質疑応答時には簡単な通訳が可能です。

日時:2月12日(月・祝)15:00-18:00
場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス2号館*3階308会議室
(目黒区駒場3-8-1)

*土日祝日は「正面玄関」の自動ドアは施錠されています。
開始10分前から担当者をドア付近に待機させますが、開始後は壁にかかっている内線電話から「46507」に電話をかけていただければ解錠に伺います。

駒場キャンパスの最寄り駅は京王井の頭線「駒場東大前」駅です。
駒場アクセスマップ
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
および駒場キャンパスマップ
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_02_j.html
をご参照ください。

2号館は、正門を入ってロータリーから左方向に進み、900番教室の脇を通り過ぎてさらに先に進むと、右手に2号館の裏側が現れます。土日祝日は横の入り口は閉鎖されていますので、さらに進んでグラウンド側から建物の正面(北側)に回ってください。なお、駒場東大前駅の「西口」付近の「坂下門」から入るのが近道になります。

主催:科学研究費補助金若手研究(A)「ロシア史のなかのイスラエル」
共催:日本ユダヤ学会
連絡先:鶴見太郎 taro_tsurumi@yahoo.co.jp

最初のブログ投稿

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックしてこの内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。ヘルプが必要な場合は、サポートフォーラムを利用して、フレンドリーな人々に質問してみましょう。